収納予定の荷物の量が多ければ駐車場があるかチェック

屋外型トランクルームは、屋内型のように温度調整が難しいことや、セキュリティ面が手薄になることがありますが、各地の住宅街やロードサイドなど希望のエリアを選びやすいといったメリットがあります。こうしたトランクルームを選ぶ基準は、人それぞれの予算や目的、居住地などによりますが、収納を予定している荷物の量が多い場合には、駐車場が整備されているところを探すのがおすすめです。最近では、駐車場付きの面積が広い屋外型トランクルームの魅力について、各地域の情報誌やポータルサイトなどで度々紹介される機会が増えています。そこで、休日を利用してスムーズに車で荷物を運び込むために、早い時期から気になるトランクルームの管理会社のサービスや料金体系について調べておきましょう。

事業用として長く使いたい時は割引制度がある管理会社がおすすめ

屋外型のトランクルームは、地域に住む住民だけでなく事業者にとってもビジネスに役立つルーツとして定着しつつあります。そうした状況の中、ネット通販などの事業を目的としてトランクルームを長期契約したい場合には、法人向けの割引制度を設けている管理会社とコンタクトを取るのがおすすめです。屋外型のトランクルームを全国に展開している管理会社の中には、契約期間に応じて月額料金を割引したり、更新時の手数料を無料にしたりと様々な取り組みを行っているところも珍しくありません。なお、好立地にある屋外型のトランクルームは、年間を通してなかなか空室が出なかったり、基本料金が高めに設定されていたりする傾向が見られるため、慎重に契約先を決めることが肝心です。

バイクガレージ選びのポイントは、設置場所の広さに応じたサイズを決めることと、盗難防止機能です。また、床付きタイプか土間タイプの設置方法を選びます。

バイクガレージを選ぶ際には、サイズや防犯性能、耐候性を考慮する必要があります。保管するバイクの大きさに合ったサイズを選び、長期間の使用を考え耐候性にも注目しましょう。